多様さこそ豊かさ

コーヒーの酸には大きく分けて二つ種類があります。それは良質な酸とそうではない酸です。

読んでくださっているみなさまに質問です。

コーヒーの酸についてどう感じていますか?

コーヒーの仕事を初めて10年近くとなりましたが、

コーヒーの酸は苦手だ!
だという方とはいまだに沢山お会いします。

好みによるものなのでそれは理解してお話しますが、

ただ、コーヒーの酸の種類って実は沢山あるんだよというのはお伝えしたいなと思い、こうしてブログにしたためるに至りました。

コーヒーの酸には大きく分けて二つ種類があります。

それは
良質な酸とそうではない酸です。

そうではない酸を飲んでいるのか、またはコーヒーに酸のイメージがないからというのもあるのでしょうが、
イメージがないか良質ではない酸と混同して酸味が苦手と言っている可能性があるのです。
良質ではない酸とは
酸化した味や、劣化した味わいにそうしたものが出ます。
鉄サビやお酢のような刺激的な味わいです。

また焙煎や抽出に何かしらの問題が生じて、という場合もあります。

共通するのは
舌に刺激として残るというのが共通しています。

それでは、
良質な酸は何かというと
一般的にフルーツを思わせる変に口の中であと残りのしない酸のことです。

共通しているのは
舌に残らず鼻に風味が抜けていきます。

なんで、コーヒーなのにフルーツなの?

とここまで読んで疑問に思う方もいるでしょう。

だって、コーヒーは元を辿れば
赤い果実なんですよ。

さくらんぼ🍒のような赤い果実を収穫して、
果肉を取り除いて処理を施しています。

だと思えば納得できますよね。

コーヒーの世界はどうしても末端の液体や焙煎豆でしか語られないのでなかなかイメージがしにくいとは思います。

ただ、世界を広げて品質を向上させていくと、
ワインや日本酒のような取れた場所の環境や品種、処理方法などで味わいが差別化できる世界が広がっています。

そこまでになると今までのコーヒーとは少し違った飲料というのがご理解いただけるかもしれません。

コーヒーで豊かな時間を。
ということをTHE COFFEEのコンセプトとしてお話していますが、
その豊かさを生み出す
コーヒーの味わいのパターンは無数にあってその多様さこそが豊かさだということも知っていただければ嬉しいなと思っています。